・京都記念
横山典弘ジョッキーの策がはまりました。逃げて直線入ってからもう一度伸びるのですからどうにもなりません。中距離王道重賞では明らかに足りないと思っていた馬ですが、さすが横山典弘ジョッキーということでまとめておきます(笑)。

ジェンティルドンナに関しては、JC、ムーア騎乗の、馬の能力値が20%増しになる得意コースであの着差なので、今回この斤量でこのコース、緩め仕上げといえば緩め仕上げで、まあこのくらいなのかなと思ったり。結果見たから言えるのですが。

【馬券】ハズレ。馬券は、ジェンティル、ラー、アンコイルド、ヒットザの3連複と、過剰人気も、ありそうだったラキシスからのリスクヘッジ用3連複でいったのですが、デスペラードに勝たれてはどうにもなりません。これは事故だと思います(笑)。

・東京新聞杯

次走へ向けて
1着 ホエールキャプチャ…同コースのヴィクトリアマイルでは当然勝ち負け
3着 クラレント…やはり東京コースでこそ。他コースでは1割ほど割引き
5着 サトノギャラント…重賞では疑ってかかるべし。
10着 ショウナンマイティ…毎日王冠や今回のような馬場ではきついか。差しの利く馬場、特に阪神でもう一度だけ見直し。

【馬券】クラレント複勝。 代替になる前もこの馬で行く予定だったのですが、馬場、馬の状態を見て変えずに買いました。

東京新聞杯 2014


・クイーンカップ
フォーエバーモアの能力値が抜けてるのは明らかだったので1.8倍でも美味しいと思いました。
代替競馬ということで馬の状態と、あと蛯名ジョッキーが追い出すタイミングさえ間違わなければ勝つと思ったので。蛯名ジョッキーもそこはちゃんと考えて乗ってくれていたようです。阪神ジュベナイルのこともあるのである程度追い出しは我慢するだろうと思っていましたので、まあ割と安心して見ていたのですが。着差以上の完勝です。ただし桜花賞本番では買いたくありません。

【馬券】フォーエバーモア単勝。
クイーンカップ2014